計上すべき経費に「もれ」がないか注意を払います

税理士事務所トップ 弊社の特徴>計上すべき経費にもれがないか注意を払います

経費を支払っているはずなのに資料がない!

法人税の申告や記帳作業を行う上で、
税理士(あるいは会計事務所)の間で、
差が付くポイントの1つは、

「あるはずの資料が、会計事務所に来ていない」

ことに気づけるかどうかです。


特に、重要なのが

「経費の支払いがあるはずなのに、領収書や通帳の出金履歴がない」

「経費の支払いがあるはずなのに、帳簿への記帳がない」

ことに気づけるかどうかです。


経費の支払いがあるのに、
帳簿への記載がされていないと、
当然、余分な税金を払う羽目に陥ります

ですから、
「経費の支払いがあるはず」ということに気づける能力は、
非常に重要
なのです。

普通の会計事務所だと、経費計上されずに終わるかも

社長が、現金で、経費を立替払いした。

領収書をもらったのだけれど、他の書類に紛れてしまった。

その結果、記帳が漏れてしまった

(あるいは、会計事務所に、領収書を送り忘れてしまった)


こんな場合、
普通の会計事務所に頼んでしまうと、完全にスルーされ、
経費計上されないまま終わる可能性が高いです

結局、
本来なら、もっと経費計上できたのに、経費計上できなくなってしまうのです。

仮に100万円の経費が抜けていたら、
約30万円税金を損してしまいますので、影響は非常に大きい
です。

そんな大きな経費、漏らすわけないよ、
と思われるかもしれませんが、

私が体験した実例で、
300万円近い経費が記帳されていない例がありました。

経費が300万円漏れるということは、税額が約90万円増える、ということです。


もし、あなたの会社でも、
経費計上が漏れてしまい、そのまま、放置されたとしたら・・・

悲しくなりませんか?

弊社が書類の漏れに気付ける理由

なぜ、弊社では、書類の漏れに気付くことができるのか?

それは、「書類以外の情報を重視しているから」です。


普通の会計事務所では、
往々にして、書類だけを見て作業をする傾向にあります。

書類しか見ていない場合、
書類の書き間違い・処理間違いには気付けるのですが、
(あるはずの)書類が抜けていることには気付けないのです。

もし、書類を送った後、
軽くいくつか質問をされただけで(あるいは、質問を全くされずに)、
申告書を完成させるような事務所があったら、
たぶん、こういう「書類しか見ない」タイプの事務所だろうと思います。


一方で、弊社では、
様々な情報源(社長へのヒアリングや決算書の情報、業界知識)に基づき、
「こういう支払いがあるはず」という推測を立て
実際にそういう支払いが生じているかどうか、
注意しながら作業をしています。

その結果、「(あるはずの)支払いの記帳がない」ことに気付くことができるのです。


実際、
弊社で、決算・申告業務を受託した際には、依頼者の方に、

「こういう感じの経費支払っていると思うんですが、書類がありません。
本当に支払っていないか、再確認してもらえませんか?」

というような確認を、かなりの割合で行っています。


こういう質問から、
追加の経費がみつかる、ということは、本当によくあることなのです。

ですから、
税金を少しでも減らしたい、という方は、
ぜひ、弊社までお問い合わせください。


なお、念のためにお伝えしておくと、
弊社が作業を行ったとしても、
経費のもれを100%見抜くことはできません。

ただ、大きな経費のもれであれば、
かなりの割合で気付けるのではないか、と思っています。


次の記事:浪費による節税はおすすめしません

価値観が違う会計事務所は最悪ですよ

会計事務所と社長の価値観が一致するか?
というのは、非常に重要です。

なぜなら、会計事務所と社長とで価値観が異なると、
会計事務所のサービスやアドバイスに納得できずに
非常にイライラする
ことになるからです。


弊社の価値観に、共感できる方は、ぜひ、お問い合わせください。

5秒でお見積もり完了!全自動お見積もりフォームはこちら

お問い合わせはこちら


弊社の価値観・ポリシーはこちらをご覧下さい
税金についての考え方
業務についての考え方

お客様にインタビューをさせて頂きました

私のお客様にインタビューをして、ありのままの意見をお寄せ頂きました。

まずは、ご覧ください!



次の記事:浪費による節税はおすすめしません

[an error occurred while processing this directive]