節税をするとお金がなくなる理由。良い節税対策と悪い節税対策

税理士事務所トップ >節税をするとお金がなくなる理由

節税をするとお金がなくなる理由

それは、間違えた節税をしているからです。

節税をする方法には2つあります。


ひとつは、お金を使わない節税。
もうひとつは、お金を使う節税です。


それでは、最初に、お金を使わない節税を見ていこうと思います。


お金を使わない節税の具体例

大雑把に言うと、税金=(収益-費用)×税率で求められます。

このうち、経営者が意識して調整できるのは「費用」の部分がほとんどになります。

ですので、この式の「費用」をいかに多くできるか?というのが、節税の肝になります。


少し例を出してみましょう。

 

例1:3月決算の会社で3月分(4月支払分)の健康保険料・厚生年金保険料の会社負担分が100,000円だった。

この場合には、帳簿上の処理をどうするかで会社の費用計上額が変わってきます。

  • 3月末で何も処理しない場合には、原則としては節税効果は全くありません。
  • 3月末に帳簿上「法定福利費 100,000円/未払金 100,000円」という仕訳を切ることで、100,000円を費用に計上することができます。

帳簿に、この仕訳を入れるだけで、費用を0円→100,000円に増やすことができるのです。

 

例2:帳簿上、棚卸資産として200,000円分計上されていて、今販売すると80,000円でしか売れない見込みである。

この場合、税務署にどのような届出をしているかで節税効果がまるで違ってきます。

  • 届出を何もだしていない場合には、原則としては節税効果は全くありません。
  • 棚卸資産の評価方法を「低価法」による、という届出を出しておくと、棚卸資産を80,000円で計上することができ、200,000円-80,000円=120,000円は、費用に計上することができる。

税務署に届出をしておくだけで、費用を0円→120,000円に増やすことができるのです。

 

例3:会社の取引先の人と食事に行き、食事代8,000円を現金で支払った場合

この場合、どのように行動するかで節税効果がまるで違ってきます。

  • 領収書をもらわず会社の帳簿にも記帳しなかった場合、費用は0円となり、節税効果は全くありません。
  • 領収書をもらい、帳簿に交際費として記帳をすると、税金の計算上は、8,000円×90%=7,200円分が費用になります。
  • 領収書をもらったうえで、帳簿に必要事項を記入して会議費として記帳をすると、支払った8,000円全額が費用になります。

同じ8,000円支払ったのでも、帳簿の記帳をどうするかによって、費用としての計上額が0円→8,000円に増やすことができるのです。

どうでしょうか?

ポイントを再度整理すると、

  • 経費をもれなく計上する
  • 税法上のテクニックを駆使して、費用を多く計上する

という2点を守ることで、お金を払わずに節税をしているのです。


当たり前のことですが、実践できているでしょうか?

この当たり前のことをするだけで、資金的な負担なく、節税をすることも可能なのです。

当事務所では、このような節税については最大限のお手伝いをさせて頂きます

ところが、この節税法には限界がある

ところが、この節税法では、節税額に限界が出てきます。

というのは、支払う金額以上に費用を計上することができないのです

簡単に言うと、今年5,000,000円しか使わなければ、
今年の費用はどんなにがんばっても5,000,000円しか計上できない
、ということです。

もし、この期に9,000,000円の売上が生じている場合には、
差引で4,000,000円の利益が出てしまいますから、 その部分について税金が課されてしまうのです。


こんな場合に、もし、税金をもっと減らしたい、という場合にはどうすればいいでしょう?


何も考えずに税金を減らすだけならば簡単です。

冒頭で紹介した、2つめの節税法「できるだけお金を使う」を実践すればいいのです。


  • 利益が出たから保険に入り、保険料を費用にする
  • 利益が出たから車を買い、購入代金(の一部)を費用にする
  • 利益が出たから社員にボーナスを払い、費用にする
  • 利益が出たからおいしいものを食べに行き、交際費として費用にする

こうすれば、どんどん費用は増えます。

もちろん、税金は、どんどん減っていきます。

一瞬、幸せな気分に浸れます(^^);


でも、この方法には致命的な欠陥があります。

それは、節税にはなるが、結果的にあなたの手元にお金が残らないという欠陥です。

あなたは10,000円札を25,000円で買いたいと思いますか?

きっと、買いたいとは思いませんよね。

でも、節税のためにお金を使う、というのは、実は10,000円札を25,000円で買っているのと同じことなのです。

税金を10,000円減らすために、25,000円使っているのです。

いくら節税が目的とはいえ、ちょっとおかしいと思いませんか?


ですから、当事務所では、節税目的だけの理由で、お金を使うことには反対します。


お金を使わなければ、たとえ税金を払うことになるとしても利益の半分は手元に残ります。

でも、無駄使いをすれば手元には一円も残らないのです。


税金を払いたくない、という気持ちは理解できますが、無駄遣いをするくらいならば、
本当に使いたいことのためにお金をとっておくほうがいいのではないですか?


本当に必要なこと、欲しい物にはどんどんお金を使ってください

もちろん、事業運営上どうしても必要なもの、とか、個人的にどうしてもやりたいことがある場合は話は違います。

例えば、利益が10,000,000円出ている。使っている従業員のパソコンが10台あるが、古くなってきたから1台150,000円のパソコンを全部入れ替えたい、という場合。

こういう場合、一定の要件を満たせばパソコンを入れ替えを行うことで、費用を150,000円×10=1,500,000円増加させ、税金が約600,000円安くできます。


他の例として、どうしても、自分へのご褒美としておいしい物を食べたい!という場合

それならば、会社の経費を使える形で、おいしい物を食べてください。

おいしい物を食べられて、しかも、国に補助金を出してもらえる(=税金を安くしてもらえる)ならば言うことはないですよね。


でも、ここで重要なのは、もともと事業運営上必要なこと、あるいは、個人的にどうしてもやりたいことにお金を使う、という点です。

それならば、節税効果が出るタイミングを見計らってお金を使えば、節税効果も得られて一石二鳥ということになります。


逆に、単に節税のためだけに無理をしてお金を使うのでは、本末転倒な結果になります。

例えば、まだ使えるパソコンを全部撤去して新しくパソコンを入れ替えるというのでは、1,500,000円払って600,000円を節約した、という本末転倒な結果になるわけです。


あなたが会社を運営する目的はなんですか?

会社を運営する目的はいろいろあると思います。

でも、金銭面な面から考えると、目標は、やはり、手元にお金を残すことではないでしょうか?


そして、節税は、お金を残すための手段であり、目的ではありません。


もし、節税が一番の目的になってしまうと、あなたの手元には、お金は残らなくなります。

最悪、資金繰りに窮してしまうことにもなりかねません。


ですから、お金を手元に残すならば、まず、できるだけ節約をしてお金を使わないようにする。

そして、その使ったお金をできるだけ費用に計上して、税金を少なくする。

これがお金を手元に残す、という目的を達成するための近道です


あなたの会社を一緒に発展させていきませんか?

当事務所は、ただの記帳代行・税務申告屋ではありません。

あなたの会社の「共同経営者」として、
あなたの会社を発展させるお手伝いをいたします。

ひとりで悩まず、お気軽に相談してください。


お客様にインタビューをさせて頂きました

私のお客様にインタビューをして、ありのままの意見をお寄せ頂きました。

まずは、ご覧ください!


お客様の声

『思いきってお電話した先が羽毛田さんで本当によかったと思っています。

株式会社玉手屋 川上克人様

「お金の事にさいている時間を全ての仕事にあてられたらどんなに良いだろう・・・」と思っている経営者の方は多いのではないでしょうか?

私共のように2、3人で全てを回している小規模な所は新しい商品の企画、営業、日々の納品等、やらなくてはならないことだらけで、イザ融資の事、申告の事となるとギリギリになってからあわてて取りかかるという状況がずっと続いておりました。

個人商店から株式会社にしたのは良いですが、帳簿の事、申告の事、等々、何も分らない事だらけ。

知人の会計士さんは威張るばかりでとてもパートナーとして信頼できる方でなく困りきっていた所に出会ったのが羽毛田会計士です。

突然のお電話にも快く応じ、すぐにお店までおいでくださり、めちゃくちゃな当社の会計状況に的確なアドバイスを頂きました。

「ウチは小規模だし、お金もないし」と思っていた私ですが、思いきってお電話した先が羽毛田会計士で本当によかったと思っています。

健全な資金繰りの為には、きちんとした会計処理が必須であるとつくづく思いました。

株式会社玉手屋 川上克人様

『会社設立だけではなく、その後の経営まで色々なご相談事をご教授頂きました。』

ゆとり株式会社 大澤裕訓様

無料相談での対応について
会社設立、経営に無知な私の質問にも関わらず、丁寧にわかりやすく説明して頂きました。
また、利益計画のシュミレーションをしてもらい、さらにその時使っていたツールまで頂き、ネットショップという未知の分野での経営に役立っています。

無料面談後、実際に会社設立を終えるまで対応について
こちらの不手際で資料等の提出が遅れたりとご迷惑をおかけしましたが、気持ち良く対応して頂きました。
また、登記謄本等の書類についても、無理を聞いて下さり当初の予定していた日程よりも前倒しで用意してもらえました。
非常に助かりました。

会社設立後のサポートについて
銀行口座開設マニュアルと仕分けマニュアルを頂きました。
銀行口座マニュアルは、開設までの体験談を交えていて、口座開設に役立ちました。
仕分けマニュアルも、帳簿の付け方がわかり易く解説してあり、参考になります。

その他全体的な感想
無料面談から、会社設立後まで会社設立業務には無関係な質問や疑問に沢山答えて頂きました。
(本来は相談料を取られるんでしょうけど・・・)
設立だけではなく、その後の経営まで色々なご相談事をご教授頂きました。

ゆとり株式会社 大澤裕訓様

お客様の声の一覧は、こちらから >>

[an error occurred while processing this directive]