顧客事例-小売業(雑貨・洋服販売)

税理士事務所トップ >顧客事例 小売業

顧客事例-洋服・雑貨小売業

洋服・雑貨のディスカウントショップ

-会社の業態について教えてください

子供服、バッグ、レディース・メンズの洋服等のディスカウントショップを経営しています。

元々は、卸売を専業でやっていたのですが、平成8年に小売業に業態転換をしました。

そして、平成10年に法人化をして、今に至ります。

現在は、東京都内に3店舗を構えています。

弊社に問い合わせをしようと思った理由は?

-弊社に依頼をされる前は、どのように申告業務を行っていたのですか?

別の税理士に、申告・決算業務を依頼していました。


-なぜ、税理士を変えようと思ったのですか?

毎年お願いしている税理士さんがいたのですが、業務が忙しかったこともあり、決算資料を税理士さんに渡せずにいました。

そうこうしているうちに、いつのまにか申告期限まであと25日、というところまで来てしまったんです。

これはまずい、と思い、(前の)税理士さんに、資料を持っていって相談をしたところ、「体調が悪いから、今からではとても引き受けられない」と言われてしまい・・・。

自力では、申告なんてできませんから、どうしても税理士を探さざるを得ない状況になってしまったんです。


-なぜ、弊社に問い合わせをしようと思ったのですか?

実は、申告期限に間に合わなかったらどうなるのかを、前の税理士さんに聞いてみたところ、「法律で決まっていることだから、税務署に相談しても、税務署では対応できない。大変なことになるよ!」と言われていました。

それで、「間に合わなかったときの罰則がどうなるんだろう?」と不安に感じ、ホームページを見ていたら、羽毛田さんのホームページには、自分が調べたいことが全部出ていたんです。

あまりに感動したので、実は、今でも、そのホームページ、お気に入りに入れて取ってあるんですけどね(笑)。

それで、ピンと来て、電話をしようと思ったんです。

公認会計士・税理士 羽毛田睦土の第一印象は?

-私(羽毛田)に対する第一印象は、どうでしたか?

まず、とにかく反応が早かった。

申告まであと1ヶ月を切っている、という切羽詰った状況だったので、できるだけ早く話しをしたかったんです。

それが、メール問い合わせの後、折り返しの連絡も早かったし、まさか、問い合わせをした当日に、会えるとは思わなかったです。

しかも、自分の会社にまで来てもらえるとは。

前の税理士さんは、時間に余裕があるとき以外は、こちらに来てくれなかったので、余計にびっくりしました。


-実際に会って見ての印象は、どうでしたか?

電話で話をしたときの印象は、話し方がとにかくソフトですよ。

だから、とけ込みやすかったです。正直言って。

そして、実際に会って話をしてみたら、親身になって話を聞いてくれるのにも、びっくりしました。

上から目線でなく、普通の目線で見てくれている感じがしました。

仕事を依頼しようと思った理由は?

社長のSさんです。
「この先生なら相談事をしたら何でも答えてくれそう」

-私に仕事をお願いしようと思った理由は何でしょうか?

まずは、問い合わせをしたすぐ後に、連絡を頂けたこと。

実は、もう1件問い合わせをしようか、と思ったのですが、あまりに連絡が早かったので、そちらに問い合わせるのを止めてしまったくらいなんです(笑)。


そして、実際に話をしてみると、この部分をこうしたら会社のためになるよ、という話が随所に出てくる。

例えば、(集客用のチラシを作成した場合に)期末近辺に撒いたチラシの制作費は、まだ、払っていなくても経費にできるんですよ、とか。

その場で、今まで知らなかったことが、その場でボンボン出てくるので。

この先生なら、相談事をしたら何でも答えてくれそうだと。


全ての対応に信頼感があったので、今日初めて会ったのに、その場で仕事を依頼したんです。

こういう提案の仕方をしてくれたから心の底から納得できます

-弊社に仕事を依頼してみて、ここが良かった、と思うところはありますか?

とにかく、説明はうまいと思う!

実は、年上の先生のほうが、知識が豊富で、老練なイメージがあると思っていたんですが。

話を聞いてみたら、(羽毛田さんは)ものすごい情報量を持っていることを感じてしまいます。

すごい柔軟に相当な知識が詰まっているな、と感じました。

質問したら、すぐ答えが返ってくるし、様々な提案が出てくるんだから。


-私の説明やアドバイスについては、どう感じましたか?

「答え」だけでなく、「なぜそうなるのか」「どう変えればいいのか」を教えてくれるのがいいですね。

もちろん、経営者なら、答えだけしか言われなくても、漠然とはわかるんだけど。

具体的に、「答え」に至る理由と合わせて、細かくアドバイスをしてくれないと、「あ、そうか」と(心の底から)思えない。


例えば、前の先生のときは、「今は赤字だけれど、なるべく赤字は少ない方がいいよ!」とは言われたけれど、具体的にどうやって赤字を減らすかは言われなかったんですよ。

でも、羽毛田さんの場合は、「売上を増やすために、XXを試したらどうですか?」とか、「ここの経費は、こういう理由でかかりすぎだと思うから、こうやると削れるんじゃないですか?」といった感じで、具体的な提案をしてくれるから、心の底から「あ、そうか」と思える。

内容の濃さが違うと思いますよ。


それにしても、本当に、もっと早く先生に知り合いたかった。

5年早く知り合っていれば、うちの会社も、もっと違った展開になったのではないか?と思います(笑)。

羽毛田さんのお客さんは、増えてくれないほうがいいね(笑)

-弊社に対して、今後の期待等あれば、お願いします

今のまんま、その雰囲気で(笑)やってもらいたいです。

一般の人は、犯罪、警察、弁護士、税理士、税務署は怖い、というイメージがあるでしょう?

だから、話して安心できるだけで、もう十分じゃないか、と思います。

あと、(羽毛田さんの)お客さんが増えすぎると、忙しくなって、本人があまり対応してくれなくなりそうだから、お客さんが増えてくれないほうがいいね(笑)。


こうやって話していても、先生と会えてうれしい。

その一言だな。

長時間話を聞かせて頂き、ありがとうございました。

お客様にインタビューをさせて頂きました

私のお客様にインタビューをして、ありのままの意見をお寄せ頂きました。

まずは、ご覧ください!


[an error occurred while processing this directive]