業務効率化コンサルティングサービス。公認会計士があなたの会社の無駄を省く

税理士事務所トップ >業務効率化コンサルティング

社員が遊んでいませんか?

うちの会社の社員は、みな真面目に仕事をしている!

当然です。

仕事をせずに、だらだらしている社員はいないと思います。


でも、

社員全員が、やる価値のある仕事をしていますか?

やる価値のある仕事をしていなければ、遊んでいるのと変わりません。


例えば、ちょっと、業務を変えるだけで、下記のような業務効率化をはかることができます。

経理部と営業部とで重複した作業をしている
営業部で、売上概況把握のため、売上の集計をしている。
一方で、経理部でも、会計システムへ売上を入力するために売上の集計をしている。
両方まとめた資料を作れば作業量は半分になるのに、誰も言い出さないので、
そのままになっている
前任者と同じ資料を作っているが・・・誰も見ていない
なんとなく、誰が見ているのかはわからないが、昔から作っている資料を作っている。
小口現金を止める
会社で小口現金を持つと、それを管理するために、人手がいります(通常は、随時1名+チェック役1名体制になります)。
それを、振込精算や、コーポレートカードに切り替えれば、その分の労力を減らすことができます。
パソコンで一気に集計できるのに、手作業で集計をしている
元々のデータが電子化されていれば、
うまくエクセルを使うだけで簡単にデータを集計することができることも多いです。
ちょっと工夫するだけで7時間かかった作業が30分で終わることもあるのです

単純作業は時間の無駄

上記の事例に共通しているのは単純作業には時間をかけない、という点です。

単純作業は、価値を生みませんので、できるだけ時間をかけずに行う必要があります。

場合によっては、アウトソースしてもいいでしょう。


ただし、気をつけなければいけないのは、単純作業を減らす理由は、コスト削減が目的ではありません。

一番の目的は、社員が会社のことを考える時間を作ることです。

  • 経理部の手が空けば、経営に生きる経理情報を入手・分析する時間に
    充てられます。
  • 営業部の手が空けば、より多くの時間を営業に割くことができます。
  • 製造部の手が空けば、製造効率の良否についての情報入手・分析に
    力を入れられるでしょう。

適切な分析ができれば、会社のどの部分が問題なのかが見えるようになります。

今まで暗闇のなかで意思決定をしていた状況から、
数値に基づいて意思決定ができるようになります。


なぜ、税理士である私が業務効率化をできるのか?

当事務所の強みは、業務面とIT面の両面の限界を熟知したうえでの業務改善の提案を
することです。

このような提案ができる理由は私のバックグラウンドにあります。

実は、私は、公認会計士資格を取る前は、IT系コンサルティング会社にて
コンサルタントを行っており、ITについても熟知しています。

ですから、私が業務改善の提案する際には机上の空論ではない、
実際にどうすれば実現できるのかまでを考えた提案をすることができます

ですから、私が業務改善の提案をする際には、

  • システム変更が必要か?
  • 変更が必要な場合、どういうシステムが必要か?
  • そのための費用の目安はどれくらいか?
  • 社員の業務はどのように変わるか?
  • 業務を変えるにあたり、どこに注意しなければいけないのか?

ということを具体的に提案させて頂きます。


また、システム変更・業務変更を伴わないでも、
エクセルの操作法を変えるだけで業務効率アップにつながる場合もあります。

実際に、操作をしている場面を見てもらえれば一目瞭然なのですが、
操作方法を変えるだけで、作業効率が一気に上がるケースがあります。

エクセルの操作スピードが全然違う事例↓

改善前:普通にコピペをする場合、改善後:私がコピペをすると5倍速

※手元のパソコンに「保存」をしたうえでご覧ください。


また、エクセルを上手に使うことで、
1日かかっていた仕事が30分で終わるようになる、などという事例もざらにあります。


システム投資を前提にしないでも、
エクセルを上手に使うだけで一気に業務効率が上がるケースも少なくはないのです。

お客様の声

『IT業界に精通した公認会計士ということで、非常に心強い存在です。』

株式会社シスデイズ 宮野清隆様

羽毛田さんは、公認会計士でありながら、IT系の資格も持つジェネラリスト。

私がIT系の会社を起業するにあたり、非常に的確なアドバイスをしていただきました。

IT業界に精通した公認会計士ということで、非常に心強い存在です。

株式会社シスデイズ 宮野清隆様
株式会社シスデイズ様ホームページ >>

顧問をお願いしようと思った一番の要因は・・・』

株式会社フロンティア・クリエイション 濱田貴弘様

羽毛田先生に顧問をお願いしようと思ったの一番の要因は、先生の素晴らしいキャリア・柔軟なお人柄もさることながら、初対面で(決算書を元に)今、弊社が抱えている経営面の課題に対して、的確なご指導をしてくださったことにあります。

ITにも強い先生なので、今後WEBを活用したビジネスを進めていきたいと考えている弊社にとっては、税務面のフォロー以上に、いろいろご指導いただきたいと思っています。

(もちろん、税務面もきっちり見ていただいて、過去に払いすぎていた税金の返還手続きをとることもできましたし、経理処理の効率化もすすみました。)

先生が「専門家に任せなさい」という態度ではなく、素人の私たちにも分かりやすく税務の仕組みを解説し一緒の立場で考えてくださるのは、本当にありがたいです。

株式会社フロンティア・クリエイション 濱田貴弘様


お客様の声の一覧は、こちらから >>

当事務所からのお願いです。社長が本気になってください。

ほとんどの場合、社員だけでは業務効率化はできません。


なぜなら、社員が、自分の業務を変えることにはリスクがあるからです


仕事のやり方を変えて失敗したら「なぜ勝手に業務のやり方を変えた!?」と
上司に怒られるでしょう。

しかも、業務のやり方を変えるには、他部署との調整等、大変なエネルギーが必要です。


でも、今までやってきた業務を続ければ、誰も怒りません。

しかも余計なエネルギーを使う必要もありません。


楽な道を選ぼうとすれば、結局、前例踏襲を繰り返すことになります。


業務を変えようと思ったら、社長であるあなた自らが決断してください。

社員は特別に指示をしない限り同じ仕事を続けます

当事務所へのお問い合わせフォーム

ご相談は、無料ですのでお気軽にご相談ください。

当事務所へのお問い合わせは、下記フォームをお使いください。

なお、下記フォームがうまく動かない場合には、tax@exinfo.bizまで、
メールにてご連絡をお願いいたします。


なお、その際には、下記必要事項をお書きいただくと、
こちらからスムーズに連絡をさせていただけますので、ご協力をお願いいたします。


お問い合わせ内容
例 :
見積もり依頼
相互リンク依頼等
お名前
例 : 山田 太郎
メールアドレス
例 : tax@exinfo.biz

確認のため、もう一度ご入力ください
電話番号
例 : 03-1234-5678
[an error occurred while processing this directive]