目的に応じて月次決算の精度を変える

税理士事務所トップ >月次決算はどこまでやればいいの?

月次決算のやり方

月次決算は、目的により、その精度を変える必要があります。

普通の中小企業の場合には、
月次決算の目的は利益の大雑把な概況を把握することだと思います。

ですので、この目的を意識しながら、月次決算のやり方を考えて見ましょう。

売上・仕入は完全に把握。売上原価は概算で

売上の把握は会社の基本ですから、できるだけ正確に、早く把握する必要があります。

そのため、売上は入金を待ってから記帳するのではなく、
納品書等に基づき、出荷日・検収日等の日付で売上を計上していってください。


同様に仕入についても、納品書等に基づき、
仕入をした日の日付等で仕入を計上していってください。


この際、もし、社内資料で棚卸資産の帳簿上の残高が把握できるものがあるようならば、
会計ソフト上の帳簿残高もこれに合わせておけば、大丈夫でしょう。

また、もし、帳簿上の月末残高がわからないようならば、
下記のように大雑把に売上原価の金額を把握してしまいましょう。

  • 当月の仕入高をそのまま売上原価にする
  • 前年の売上原価率にあわせるように期末在庫を調整する

経費は現金主義でも問題は少ない

一方で、仕入以外の経費については、厳密に発生主義で計上していく必要性も薄いので、
出金ベースで経費を計上すれば十分だと思います。

そこで、通帳や領収書に基づいて、経費として計上すべきものを帳簿に計上していってください。

売上・仕入に係る入出金を記帳する

また、経費の計上とあわせ、通帳等を見ながら、
売上・仕入に係る入出金について仕訳を起こしていってください。

これにより、売掛金の滞留が把握できたり、
仕入の計上誤り等がみつかる場合もありますので、
まめに入出金の記帳もしていくのがおすすめです。

月次決算で無駄な業務を行っていませんか?

私は、月次決算では最低限、上で書いたような作業をすれば問題ないと思っています。


もし、あなたの会社でこれ以上の業務をやっている、という場合には、
その必要性を再度検討してください。


例えば、
誰が見ているかもわからないような資料を一生懸命作っている人がいるとしたら、
そんな資料作成は、即刻やめるべき
ですよね?

でも、担当者の立場からすると、会社の業務を増やすのは簡単ですが、
会社の業務を削るのはとても難しいものがあります。
(担当者としては、前月あった書類がなんで今月はないんだ!なんて怒鳴られるのはイヤですから仕事を減らそうとはしません。)


会社の業務を減らせるのは、経営者であるあなたしかいないのです。

もし、思い当たる節があるのならば、経営者が指示を出して、業務を減らしてあげてください。

お客様にインタビューをさせて頂きました

私のお客様にインタビューをして、ありのままの意見をお寄せ頂きました。

まずは、ご覧ください!


お客様の声

『思いきってお電話した先が羽毛田さんで本当によかったと思っています。

株式会社玉手屋 川上克人様

「お金の事にさいている時間を全ての仕事にあてられたらどんなに良いだろう・・・」と思っている経営者の方は多いのではないでしょうか?

私共のように2、3人で全てを回している小規模な所は新しい商品の企画、営業、日々の納品等、やらなくてはならないことだらけで、イザ融資の事、申告の事となるとギリギリになってからあわてて取りかかるという状況がずっと続いておりました。

個人商店から株式会社にしたのは良いですが、帳簿の事、申告の事、等々、何も分らない事だらけ。

知人の会計士さんは威張るばかりでとてもパートナーとして信頼できる方でなく困りきっていた所に出会ったのが羽毛田会計士です。

突然のお電話にも快く応じ、すぐにお店までおいでくださり、めちゃくちゃな当社の会計状況に的確なアドバイスを頂きました。

「ウチは小規模だし、お金もないし」と思っていた私ですが、思いきってお電話した先が羽毛田会計士で本当によかったと思っています。

健全な資金繰りの為には、きちんとした会計処理が必須であるとつくづく思いました。

株式会社玉手屋 川上克人様

『会社設立だけではなく、その後の経営まで色々なご相談事をご教授頂きました。』

ゆとり株式会社 大澤裕訓様

無料相談での対応について
会社設立、経営に無知な私の質問にも関わらず、丁寧にわかりやすく説明して頂きました。
また、利益計画のシュミレーションをしてもらい、さらにその時使っていたツールまで頂き、ネットショップという未知の分野での経営に役立っています。

無料面談後、実際に会社設立を終えるまで対応について
こちらの不手際で資料等の提出が遅れたりとご迷惑をおかけしましたが、気持ち良く対応して頂きました。
また、登記謄本等の書類についても、無理を聞いて下さり当初の予定していた日程よりも前倒しで用意してもらえました。
非常に助かりました。

会社設立後のサポートについて
銀行口座開設マニュアルと仕分けマニュアルを頂きました。
銀行口座マニュアルは、開設までの体験談を交えていて、口座開設に役立ちました。
仕分けマニュアルも、帳簿の付け方がわかり易く解説してあり、参考になります。

その他全体的な感想
無料面談から、会社設立後まで会社設立業務には無関係な質問や疑問に沢山答えて頂きました。
(本来は相談料を取られるんでしょうけど・・・)
設立だけではなく、その後の経営まで色々なご相談事をご教授頂きました。

ゆとり株式会社 大澤裕訓様

お客様の声の一覧は、こちらから >>

[an error occurred while processing this directive]