自力で記帳をする場合、会計ソフトは購入したほうがいいですか?

税理士事務所トップ 相談事例>自力記帳の場合、会計ソフトは必要か?

自力で記帳をする場合、会計ソフトは必要か?

Q:記帳代行を頼まず、自力で記帳をする場合に、
会計ソフトを購入する必要はありますか?
また、どの会計ソフトがおすすめですか?

会計ソフトは、必ずしも購入する必要はありません

弊社では、貴社で入出金の記帳をして頂くために、
入出金取引入力のためのエクセルファイルを準備しています。

 →「入出金取引入力.xls」のダウンロード(無料)はこちら


このエクセルシートを、
会計ソフトの代わりとしてお使い頂けます。

ですから、
自力で入出金取引の記帳をしたいけれど、
会計ソフトを購入したくない、という場合は、
上記エクセルをお使いください。

すぐに試算表を見たいなら会計ソフトを購入するのがおすすめ

上で書いたとおり、
会計ソフトを購入して頂く必要はないのですが、
会計ソフトがあったほうが「便利」な場合もあります。


例えば、
試算表をすぐに見たい、という場合には、
会計ソフトがあると便利です

実は、
上で準備した「入出金取引入力.xls」というエクセルシートですが、
入力する内容は、
会計ソフトに入力すべき内容と「全く一緒」です。

結局、
「入出金取引入力.xls」で入力する内容を、
そのまま会計ソフトに入力すれば、
試算表ができてしまうのです。

ですから、
入出金取引の入力をするついでに(?)
試算表も自社で作成したい場合には、
会計ソフトの購入をおすすめします。

会計ソフトを使うのであれば弥生会計がおすすめです

最後に、
会計ソフトを購入するとした場合、
おすすめしたいのは、「弥生会計」です。

無料で試すこともできますので、
購入する前に試してみたい、という方は、
下記から無料体験版をダウンロードしてみてください。
 →弥生会計無料体験版ダウンロードはこちら

弥生会計は、
比較的安価ですし、シェアNo.1ということで、
情報を探すにも、比較的苦労しません。

弊社でも、
弥生会計を使って業務をしていますので、
データの受け渡し等をスムーズに行うことができます。


報酬お見積もりフォームはこちら

お問い合わせはこちら


私が実際に受けた相談事例とその回答です
顧問契約についてのQ&A
記帳についてのQ&A
無申告・複数年申告についてのQ&A
会計処理についての一般的なQ&A

お客様にインタビューをさせて頂きました

私のお客様にインタビューをして、ありのままの意見をお寄せ頂きました。

まずは、ご覧ください!



[an error occurred while processing this directive]