自分で帳簿の記帳はできますか?

税理士事務所トップ 相談事例>自力で帳簿の記帳ができるか?

経理の経験がなくても帳簿の記帳はできますか?

Q:私は、経理の経験がないのですが、記帳は自力でできるでしょうか?

結論から言うと、
「入出金の記帳は可能ですが、その他の記帳をするのは難しい」
です。


詳細を説明するために、
まずは、前提となる知識を整理したいと思います。

記帳作業は、
大きく分けると、次の2つに分けられます


1.現金や預金の入出金についての記帳作業

現金でお金を払ったり、
会社の口座からお金を支払った場合に、
「お金を支払った」という事実を、帳簿に記録する必要があります

例えば、

  • 田中商事への売上代金として、
    1/31に、普通預金に100万円振り込まれた。
  • ビックカメラでプリンターを購入し、
    2/5に、現金5万円を支払った。

というような取引を一つ一つ記録していきます。

この記録をすることで、

  • 今、会社の現金や預金がいくらある(はず)なのか?
  • 入出金の原因は何か?
    (例えば、売上による入金は合計でいくらか?
     備品の購入額は合計でいくらか?)

がわかります。

2.現金や預金の入出金「以外」の記帳作業

実際に、税金を計算するためには、
現金や預金の入出金がない場合でも、
記帳をしないといけない場合があります

例えば、下記のようなものがあります。

  • 売上代金について、未入金だが
    税金計算の上では「収入」に入れるべき取引の記録
  • 仕入代金について、未払いだが
    税金計算の上では「経費」に入れるべき取引の記録
  • 去年購入した車について、
    去年支払済みなので、今年は支払っていないが
    税金計算の上では、今年の「経費」に入れるべき取引の記録
    (=いわゆる、減価償却費の計上)

これらの取引では、
期中に現金や預金の入出金が「ない」にもかかわらず、
帳簿に記録をしないといけません。

入出金の記帳は誰でもできます

さて、これを踏まえて、
最初の質問に対して、より詳細な回答をすると、
次のようになります。

  • 「1.現金や預金の入出金についての記帳作業」の場合、
    複式簿記の知識はほとんど不要です
    (入力方法をうまく選べば)お小遣い帳感覚で入力できますので、
    ほとんどの取引は、誰でも簡単に処理できます。
  • 「2.現金や預金の入出金以外の記帳作業」は、
    簿記や税金の知識を必要とします
    ですから、素人が完璧に処理を行うのは難しいです。

もし、
自力で申告書まで作成したい、という場合には、
上記「1.」「2.」を全て、自力で行わないといけないため、
経理・税金の知識のない人だと、
正しく処理するのは難しいと思います。


弊社にご依頼される場合

弊社に決算・申告業務を依頼して頂く場合、
記帳代行のご依頼の有無に関わらず
「2.」の記帳作業は、弊社で行います

そのため、
自力で記帳をしよう!という場合であっても、
記帳作業をしていただくのは、
「1.現金・預金の入出金」の部分だけということになります

これだけであれば、
上で書いたとおり、
経理の経験がない方でも、問題なく記帳作業はできると思います。


報酬お見積もりフォームはこちら

お問い合わせはこちら


私が実際に受けた相談事例とその回答です
顧問契約についてのQ&A
記帳についてのQ&A
無申告・複数年申告についてのQ&A
会計処理についての一般的なQ&A

お客様にインタビューをさせて頂きました

私のお客様にインタビューをして、ありのままの意見をお寄せ頂きました。

まずは、ご覧ください!



[an error occurred while processing this directive]