リースとローン、現金購入は、どれが一番有利か?

税理士事務所トップ 相談事例>リースとローン、現金購入は、どれが一番有利か?

リースには節税効果があると営業マンに言われた

Q:車両を購入しようとしています。営業マンからはリースにすると節税になるので、リースがいいですよ、と言われたのですが、本当でしょうか?

最初に結論を書きます。

私は、今までにいろいろな車両リース契約を見てきましたが、
私が見てきた、車両のリース契約の中で、
購入よりも節税面から有利なものは、1件もありませんでした

もちろん、
世の中の全てのリース契約を見たわけではないので一概には言えませんが、
私個人としては、
リースによる節税効果は「ない」
と思っておいたほうがいい
と思います。


ただし、節税効果以外の部分で、
リース契約のほうが有利な可能性もあり得ますので、
リース契約が、全く意味がない、というわけではありません。

適宜、使い分けが必要です。

ローン、リースで節税効果が高いのはどっち?

まず、最初に、節税効果だけに限定をして話をしていきます。

以下に、非常に簡単にですが、
車のローン、リースの違いを簡単にまとめようと思います。

※参考に、現金購入の場合も表に入れておきます。

車を利用する場合の、形態別の特徴まとめ
項目 現金購入ローン(割賦購入)リース
所有権利用者に移るリース会社に残る
取引の法的効果売買賃貸借
税務処理売買処理売買処理
または
賃貸借処理(注1)
償却年数法律で決まった年数
(6年)
契約期間
(通常は5~7年)
償却方法 定率法償却 定額法償却
税金・修繕費等
の負担者
利用者リース会社
※契約による
金利負担なしあり

※ローン:第三者からお金を借りて、車を購入
※リース:第三者から車を長期間、かつ、解約不能な状態で借りる

※注1:賃貸借処理をしても費用計上額は変わりません。


節税効果を見る場合には、上の表の、
償却年数、償却方法を比較して、
どちらが有利なのかを判断することになります。

その結果ですが、
ローンの場合だと「定率法償却」ができ、
償却費が早いタイミングで計上できるため、
節税効果だけで見れば、ローンのほうが常に有利です。

ですから、
ローンとリースを比較した場合に、
(税金、修繕費等負担まで含めた)総支払額が変わらないという前提であれば、
ローンのほうが税務上は有利

ということです。

結局、「リースのほうが税務上有利」というのは、デマです。

リースには、税務上のメリットはありません。

私にご相談頂いたお客様の場合、
営業担当者から、
「リース契約にすると、賃借料をそのまま経費にできるので節税効果がありますよ!」
と言われたそうです。
でも、上の表の注1で書いた通り、
賃借料をそのまま経費処理できても、節税効果は大きくありません。

現金購入、ローン・リースはどれが有利?

上で見たとおり、リース契約に節税効果はありません。

ではリース契約はしないほうがいいのか?
というと、そこは微妙なところがあります。


考慮すべき事項としては、次の3つがあります。

資金的余裕があるか?

仮に、向こう数年間くらい、
お金を借りないでも会社を運営できる見込みがあるのであれば、
金利負担がもったいないので、現金購入がいいと思います。

逆に、お金を借りざるを得ないようであれば、
ローンかリースのいずれかから選ぶことになります。

総支払額が低いのは?

ローン、リースのどちらかを選ぶポイントは、
「総支払額はどちらが低いか?」です。

といっても、
単に、ローンとリースの返済額を比べるだけではダメで、
各種税金、修繕費等の費用負担や、
リース期間終了後の再リース料などを考慮に入れて、
比較をする必要があります

将来、何が起きるかわかりませんので、
総支払額を比較する、といっても限界はありますが、
まずは、比較検討してみることが重要です。

そして、総支払額が少なくなる方を選択すれば間違いはないでしょう。

事務処理を簡略化したいか?

仮にリースのほうが割高であったとしても、
リースのほうが、社内業務が簡便で済む場合があり得ます。

そのメリットがコストを上回る、というのであれば、
リース契約をしてもいいと思います。

これらを判断材料として、
現金購入・ローン・リースのどの形態がいいか、
検討をしてみてください。


5秒でお見積もり完了!全自動お見積もりフォームはこちら

お問い合わせはこちら


私が実際に受けた相談事例とその回答です
顧問契約についてのQ&A
記帳についてのQ&A
無申告・複数年申告についてのQ&A
会計処理についての一般的なQ&A


お客様にインタビューをさせて頂きました

私のお客様にインタビューをして、ありのままの意見をお寄せ頂きました。

まずは、ご覧ください!



[an error occurred while processing this directive]